スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セミと環境?~初夏のセミと晩夏のセミ~

今日は,夏の訪れを知らせるセミと,秋の訪れを知らせるセミの話です。

夏の訪れを知らせるセミは,梅雨時期の6月中旬頃羽化を始めるニイニイゼミ
秋の訪れを知らせるセミは,8月初旬に羽化を始め,9月初旬まで鳴いているツクツクボウシ

●ニイニイゼミ
ニイニイゼミ


北海道から沖縄本島以北の南西諸島までに広く生息し,6月から9月に発生する小型のセミ。平地から丘陵地に生息しています。
鳴き声は”チ~~”と長く,夜明けから夕暮れまで断続的に長い時間鳴いています。
脱皮殻が泥だらけという特徴もあります。

ニイニイゼミは,サクラの木を特に好むようです。
しかも,コイツは相当鈍い(警戒心が弱い)く,意外と低いところにとまっているので,慣れれば素手でも捕まえることができてしまいます。
自然がまだ残っている地域なら,サクラの並木などにいってみると,コイツを捕まえることができるかもしれません

ちなみに,松尾芭蕉の「閑さや岩にしみいる蝉の声」という俳句の蝉の声とは,このニイニイゼミのことです。

●ツクツクボウシ
ツクツクボウシ


北海道からトカラ列島以北の南西諸島に分布し、7月から9月初旬ごろ,地域によっては11月頃まで鳴き声を聞くことができる,秋の訪れを知らせるセミです。
特に関東より西の平地から低山地に多く生息しています。

ツクツクボウシの名は鳴き声から取られたものですが,この種類は世界でももっとも複雑な鳴き声を持つセミといわれています。

一般的な鳴き方は,
ジ~~~~オーシンツクツク(×14,15回),オシヨーシ,オシヨーシ,オシヨーシ,オシヨーシ,ジ~~~~~
というところでしょうか。


ニイニイゼミもツクツクボウシも,かつては住宅地周辺で普通に見られた種類でしたが,近年は減少しているといわれています。
特にニイニイゼミの都市部での減少は著しいようです。
理由はいくつか挙げられます。
ひとつには,都市化が進んで乾燥した公園や緑地,住宅地が増えたこと。
ニイニイゼミは乾燥した地面に穴を掘ることが苦手なために数が減少し,
クマゼミに取って代わられたと言われています。

もうひとつの理由として,市街化が進む都市部では,中小規模の緑地の数が減少し,緑地と緑地の距離が数?離れるような環境になってしまったこと。
ニイニイゼミは小型のセミであるため,飛翔力がほかのセミよりも格段に弱く,緑地と緑地との距離が数?以上も離れてしまうとその間を移動できず,分布を広げることが困難になってしまい,結果として数が減少しているらしいのです。
飛翔能力が弱いということは,移動中の捕食(鳥などの外敵に食べられること)の危険も増大します。

身近なちょっとした緑地や公園がなくなると,そのなくなった緑地に棲んでいたいきものだけが被害を受けるのではなく,その周りに棲んでいる小さないきものも移動手段を失ってしまい,結果としてその地域から姿を消してしまうことになるのです。
スポンサーサイト
コメント
コメントフォーム
Name
Mail
URL
Subject
Comment

Pass
Secret
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。