スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家ネズミ

今回は,家ネズミのお話です。
前々回に書いたとおり,日本における家ネズミとはハツカネズミ,ドブネズミ,クマネズミの3種のことを言います。

今回は,このうち,特に都市部で害獣として問題となっているドブネズミ,クマネズミです。

●ドブネズミ

ドブネズミ


体長(頭から尾の付け根の長さ)は22~26cm,体重は最大のもので500gを超します。家ネズミ3種の中では最も大型で,獰猛なネズミです。
原産地はアジア中央部ですが,現在では世界各地に生息しています。
主に床や床下を移動して生活し,よほどのことがない限り高い所へは昇らないという習性があります。また,水がなければ生きていけません。

●クマネズミ

クマネズミ


体長は15~23cm,体重は100g~200g程度。
原産地はマレー半島からインド・ビルマにかけてのアジア南部で,主に木の上で生活しています。現在では全世界に分布しています。
垂直行動が得意なため民家の天井裏に生息しており,別名屋根ネズミ(海外ではルーフラット)と呼ばれます。
ドブネズミと違い,乾いたところが好きなネズミです。


●都会で増えるクマネズミ
1960年代,東京ではドブネズミが急速に増殖していきました。
それは,下水道の発達によってドブネズミの好きな湿った環境が増え,獰猛なドブネズミは下水道を伝って勢力を拡大したと考えられます。

しかし,高度成長期からバブル期にかけて,高層ビルがどんどん建つようになってから,東京のネズミ相は一変しました。

垂直移動ができないドブネズミは地面・地下でしか生息できないのに対し,屋根ネズミといわれるクマネズミは高層ビルを縦横無尽に行き来することができます。
しかもクマネズミは殺鼠剤に対して警戒心が強く,また殺鼠剤自体に強いために,無警戒に殺鼠剤を食べて死んでいくのはドブネズミばかりとなり,結果的にクマネズミが都市部で優占することとなったのです。

クマネズミは,電気やコンピュータの配線をかじってしまうので,ショートして火事を起こしたり,システムダウンの要因になったりして,都市部で問題となっています。

クマネズミを駆除するために都市部では殺鼠剤を使い続けました。その結果,殺鼠剤がまったく効かないクマネズミが登場しました。
その名も「スーパーラット」。
現在は,この「スーパーラット」を駆除するためのより強力な殺鼠剤を使っているとのこと。

きっとそのうち,その薬も利かない「ウルトララット」とか「スペシャルラット」とかいうヤツが登場することでしょう。
スポンサーサイト
コメント
コメントフォーム
Name
Mail
URL
Subject
Comment

Pass
Secret
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。