スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

涼しげな鳴き声~ヒグラシ~

ちょっと間が空きましたが,今日は前々回のセミの続きです。
今日は,日本人にはなじみの深い,ヒグラシについて。

●ヒグラシ
ヒグラシ


北海道から九州,奄美諸島,石垣島,西表島に分布するセミで,東日本では平地で普通に見られますが,西日本では丘陵地や里山などの少し標高が高いところに多く見られます。
日暮れ時に良く響く声で鳴くので「ヒグラシ」と名が付きました。
ちなみに,石垣島,西表島のヒグラシは,「イシガキヒグラシ」という亜種で,別種とする学者もいます。
いろんな樹木で鳴いているのが見られますが,スギやヒノキが好きなようで,スギ・ヒノキの植林地でよく聞くことができます。
鳴き声は,カナカナカナカナ・・・・という声が4,5秒続きますが,一匹が鳴き始めると周囲のヒグラシもそれに同調して鳴き始める習性があるので,森全体がカナカナカナカナ・・・・と大合唱しているかのように聞こえます。
夕方に鳴くことで知られていますが,朝も,夜明けとともに30分ほど鳴きます。

このセミも,都市化の進んだ市街地や住宅地では見かけることはできません。
都市部でも,東京の明治神宮のように大きな緑地があるところではその鳴き声を聞くことはできますが,近年では明治神宮でも数は少なくなっているそうです。
その理由は良く分からないようですが,一説には,ニイニイゼミと同じく,都市部の緑地の数が減少してしまったために分布を広げることができず,年々減少しているのだとも言われています。

福岡では,夏の夕刻の山間部でカナカナカナカナ・・・・という清涼感溢れる鳴き声の大合唱が聞こえます。
この鳴き声を聞くと,小学校時代の夏休み行った林間学校やキャンプや,虫取り網を持って暗くなるまで駆け回った田舎の山々を思い出し,何となくもの寂しい郷愁に浸ってしまいます。

ヒグラシは漢字で「秋蜩」とも書く,俳句では秋の季語として知られたセミです。かの万葉集などにも登場しますが,実際は秋に声を聞くことはできません。
昔の人は,あのどことなく物悲しい,涼しげな鳴き声から,やがて訪れる秋の寂寥感や涼しさを感じ取っていたのではないでしょうか?

ちなみに,このヒグラシも比較的低いところに止まって鳴く習性があるので,ニイニイゼミと同じく捕まえやすい部類に入るでしょう。
しかし,ヒグラシを捕まえたときに発する鳴き声は,ケケケケ・・・とかゲッ,ゲッとかいう味気ない声なので,とても幻滅してしまいますがね。
スポンサーサイト
コメント
コメントフォーム
Name
Mail
URL
Subject
Comment

Pass
Secret
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。