スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風力発電は地球にやさしいか??

電気を作るとき,“地球に優しいクリーンエネルギーとは?”と聞かれて,何を思い浮かべるでしょうか?
太陽光発電,風力発電,水力発電,潮力発電,地熱発電といったものが,二酸化炭素や窒素酸化物,硫黄酸化物を排出しないクリーンな発電方法の代表例と言えるとおもいます。

その中でも,風力発電に近年注目が集まっています。
地球上で開発可能な風力発電による発電量は約72TW(テラワット)といわれ,これは全世界の電力需要量14TWの実に5倍に匹敵するとんでもない発電量です。計算上は,風力発電のみで人類の電力需要量を賄えることになり,原子力発電の問題や地球温暖化の問題をクリアできる夢の発電方法なのです。

そのため,日本でも急速に風力発電施設の建設が進められており,2004年度現在で,日本全国に924基,総設備容量は93万キロワットの風力発電所(ウインドファーム)が設置されています。

しかし先日,利点だらけの風力発電に対し,問題提起するひとつの記事を見つけました。

風力発電国内大手の「ユーラスエナジージャパン」(東京都港区、祓川清社長)が北海道根室市の納沙布岬に近い丘陵地で進めている風力発電施設(15基)計画について,日本野鳥の会(本部・東京都)が,「環境省のレッドデータで絶滅危惧(きぐ)1Bに分類されているオジロワシが近くに生息しており,巨大な風力発電の風車の設置がオジロワシの衝突死を引き起こすなどの,生息への重大な影響が出る怖れがある」として,同社に意見書を提出した,ということです。

実際に,風力発電の巨大な回転羽(ブレード)に衝突して死ぬオジロワシの例は,すでに北海道で5件が確認されています。

納沙布岬の風力発電所計画の問題点は,風力発電を効率的に行える場所が,オジロワシの生息域と重なっているということなのです。
たかが鳥・・・そう言ってしまえば身もフタもありませんが,風力発電所の設置が貴重な鳥の生息を脅かし,ひいては地域の貴重な生態系を破壊するのであれば,風力発電は“地球には優しいかもしれないが地域環境や生物にはやさしくない”といえると思います。
水力発電というクリーンな発電を行うダム建設が,地域環境や生態系の破壊をもたらすとの理由で全国的に反対の風潮があることと,本質的には同じです。

風力発電は,そのクリーンなイメージが先行し,その陰で起こる環境破壊の面があまり伝えられません。
風力発電所が設置される場所は,海岸,丘陵地,山の尾根など,生物の生息場(ビオトープ)として重要な場所であることが多いのに,そのことには一切触れられずに建設されたり,計画されたりしている事例がたくさんあります。

今回は,“風力発電所をとある山間部に建設しようとしたときの問題点”をビオトープの観点から挙げてみたいと思います。

●風力発電事業の問題点 ~建設工事がもたらす影響~
ひとつめに,山間部に発電用の風車を設置する場合,まず,設置する場所の樹木などを伐採し,地面を平らに削って土台を作らなければなりません。設置台数が多いほど伐採・掘削の面積は広くなり,山の地形が変化し大量の土砂を運び出すことになります。地形が変って緑が減った山は保水力が低下し,降雨時の土砂災害を引き起こす要因ともなりかねません。

ふたつめに,山の上に風力発電所を設置する場合,その資材を山の上まで運び入れなければなりません。そのためには工事用の道路を山の中に建設する必要があります。工事用の道路といっても,ちゃちなものではありません。風力発電のブレードの大きさは,大きいものになると一枚が30mを超えます。これを運ぶためには長大なトレーラーが通れる緩やかな勾配の広い道路(幅約6m)でなければなりません。山奥であればあるほど長い工事用道路が建設されることなり,“森林破壊だ”として批判を受ける林道工事と同レベルの樹木の伐採,地面の掘削が行われることになるのです。

このように,工事段階でかなりの環境破壊が起こることになります。
大掛かりな地形の改変によって数多くの生き物が生息場所を失います。地形が変わって生き物の種類や数が減れば生態系のバランスも崩れる怖れが出てきます。

●風力発電事業の問題点 ~発電所の存在と稼動の影響~
風力発電所の稼動は,空を飛ぶ鳥に影響を与えます。日本の山間部には,クマタカ,オオタカ,イヌワシなどの猛禽類と呼ばれる大型の鳥が生息していることが多いのです。特に大型の猛禽類は山間部の上昇気流を利用して移動し,狩りをするものが多く,風力発電が効率よく行える範囲と猛禽類の生息範囲がバッティングする確率が高くなります。そうなれば,先のオジロワシの事例のように,風力発電施設のブレードに衝突死する危険性が高くなります。そうなれば,もともとの個体数が少ない猛禽類は死亡したり逃避したりして,風力発電所が建設された地域からは姿を消すことにもなりかねません。

風力発電施設の影響により,その場所から猛禽類が姿を消してしまえばどうなるでしょう?
猛禽類は,生態系の中で頂点に立つ生き物です。この頂点に立つ生き物がいなくなれば,それまで猛禽類が餌としていた鳥やネズミなどが増え,生態系のバランスを崩し,地域の生態系を変えてしまう怖れが出てきます。

●風力発電をどう考えるか?
風力発電の問題点ばかりを列挙しましたが,エネルギー需要や地球規模の環境保全を考えると,風力はこれからも開発が推進されるべきエネルギーであることは間違いありません。
だからといって,やたらめったら無秩序に建設される現在の流れはよくありません。貴重な自然が残る地域には建設しないことが重要ですし,そのような場所がどこにあるのかを調査する知恵と知識と努力する姿勢を事業者が持つことが重要なのです。

風力発電がいかにクリーンなエネルギーとはいえ,人間が自己の人間活動のために設置する非自然物であることに変わりはありません。地域の環境と上手く折り合い,地域の生き物達との共存を最優先に考えてはじめて,風力発電は“地球に優しい”エネルギーとなり得るのです。

●おまけ
これは「いきもの雑学絵日記」なのに,今回は“絵”が出てきませんでした。
なので,おまけとして2006年1月に新たに追加された「風力発電所」を示す地図記号を紹介します♪
風力発電所の地図記号

福岡オリンピックとビオトープ

福岡市は,2016年夏季オリンピック開催地に立候補しました。
同じく東京都も立候補していて,2つの都市が国内候補地を巡って一騎打ちの様相です。
福岡市民はあまり盛り上がってはいませんがね(^^;)

さて,オリンピック誘致の賛否は置いておいて,今回は6月30日に提出された「第31回オリンピック競技大会国内立候補都市 開催概要計画書」から,“福岡オリンピックとビオトープ”について考えます。

福岡市のオリンピックのコンセプトは,
「150万都市でのオリンピック開催モデルの提案」
「博多湾を舞台に持続可能なオリンピックの実現」
「Games for All すべての人々のためのオリンピック」
「アジアの融和と発展,そして世界平和への貢献」
となっています。

ビオトープにかかわるコンセプトは,「持続可能なオリンピックの実現」というところです。
このコンセプトの中には,「生態系を保全することに加え,市街地の緑化・緑地整備を行って生き物の新たな生息環境(ビオトープ)を創出する」ということが明記されています。

オリンピックで生態系を保全し,ビオトープを創出するとはどういうことか?

福岡オリンピックは,須崎ふ頭・百道浜・海の中道の3つの大きなクラスター(競技会場)で行われます。
いずれのクラスターも,計画を見る限りは自然環境を破壊するような開発行為は見て取れません。
そこで,ビオトープの視点から福岡オリンピックの計画を考えると,その中心は,

“生物の生息する環境が極端に少ない市街地(須崎ふ頭・百道浜)に生物の生息空間(ビオトープ)を如何に効果的に整備するか”

という問題になります。

福岡市の計画では,須崎埠頭の選手村を緑被率50%にして生き物が生息できる空間(ビオトープ)として整備することになっています。具体的には下の写真に示されるように,建物の屋上緑化を中心とした緑化になると思われます。
最近は,ヒートアイランドの緩和策として屋上緑化が推進されていますが,生物の生息空間(ビオトープ)として整備するためには,ただ単に芝を貼ったり木を植えたりというわけにはいきません。
外来種を植えない,郷土に生える木を植える,生き物の生息が可能な樹種を選択する・・・といったことが重要です。
sensyumura1.jpg

また,市街地のような生物の生息場所(ビオトープ)がほとんど無い場所に,いきなり緑地を作ってもたくさんの生き物はやって来てはくれません。市街地に作った緑地に生き物を呼び込むためには,生き物がたくさん生息しているビオトープから市街地のビオトープへの誘導路を作る必要があります。
それが「緑のコリドー」と呼ばれるものです。
「緑のコリドー」とは,ビオトープとビオトープをつなぐ「緑の道」みたいなものです。
下の写真は選手村のイメージ図です。選手村のはるか後方には山地や緑地があるのがわかると思います。この山地と選手村を「緑のコリドー」で結んで,山地に生息する生き物を選手村まで呼び込み,選手村を新たなビオトープとするのです。
福岡市では,街路樹を「緑のコリドー」として,市街地に整備することを計画しています。
どのような種類の街路樹をどのルートに整備して背後の山々と選手村を結ぶのか,これには専門的な解析が必要です。
ただ木を植えればいい,という単純なものではありません。
生き物が利用しやすい樹種を選ばなければいけませんし,効率よく植えていかなければなりません。
どのように選手村を立派なビオトープとして整備するのか。
「環境都市・福岡市」としての腕の見せ所でしょう。
7d64c15ab324.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。