スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風力発電は地球にやさしいか??

電気を作るとき,“地球に優しいクリーンエネルギーとは?”と聞かれて,何を思い浮かべるでしょうか?
太陽光発電,風力発電,水力発電,潮力発電,地熱発電といったものが,二酸化炭素や窒素酸化物,硫黄酸化物を排出しないクリーンな発電方法の代表例と言えるとおもいます。

その中でも,風力発電に近年注目が集まっています。
地球上で開発可能な風力発電による発電量は約72TW(テラワット)といわれ,これは全世界の電力需要量14TWの実に5倍に匹敵するとんでもない発電量です。計算上は,風力発電のみで人類の電力需要量を賄えることになり,原子力発電の問題や地球温暖化の問題をクリアできる夢の発電方法なのです。

そのため,日本でも急速に風力発電施設の建設が進められており,2004年度現在で,日本全国に924基,総設備容量は93万キロワットの風力発電所(ウインドファーム)が設置されています。

しかし先日,利点だらけの風力発電に対し,問題提起するひとつの記事を見つけました。

風力発電国内大手の「ユーラスエナジージャパン」(東京都港区、祓川清社長)が北海道根室市の納沙布岬に近い丘陵地で進めている風力発電施設(15基)計画について,日本野鳥の会(本部・東京都)が,「環境省のレッドデータで絶滅危惧(きぐ)1Bに分類されているオジロワシが近くに生息しており,巨大な風力発電の風車の設置がオジロワシの衝突死を引き起こすなどの,生息への重大な影響が出る怖れがある」として,同社に意見書を提出した,ということです。

実際に,風力発電の巨大な回転羽(ブレード)に衝突して死ぬオジロワシの例は,すでに北海道で5件が確認されています。

納沙布岬の風力発電所計画の問題点は,風力発電を効率的に行える場所が,オジロワシの生息域と重なっているということなのです。
たかが鳥・・・そう言ってしまえば身もフタもありませんが,風力発電所の設置が貴重な鳥の生息を脅かし,ひいては地域の貴重な生態系を破壊するのであれば,風力発電は“地球には優しいかもしれないが地域環境や生物にはやさしくない”といえると思います。
水力発電というクリーンな発電を行うダム建設が,地域環境や生態系の破壊をもたらすとの理由で全国的に反対の風潮があることと,本質的には同じです。

風力発電は,そのクリーンなイメージが先行し,その陰で起こる環境破壊の面があまり伝えられません。
風力発電所が設置される場所は,海岸,丘陵地,山の尾根など,生物の生息場(ビオトープ)として重要な場所であることが多いのに,そのことには一切触れられずに建設されたり,計画されたりしている事例がたくさんあります。

今回は,“風力発電所をとある山間部に建設しようとしたときの問題点”をビオトープの観点から挙げてみたいと思います。

●風力発電事業の問題点 ~建設工事がもたらす影響~
ひとつめに,山間部に発電用の風車を設置する場合,まず,設置する場所の樹木などを伐採し,地面を平らに削って土台を作らなければなりません。設置台数が多いほど伐採・掘削の面積は広くなり,山の地形が変化し大量の土砂を運び出すことになります。地形が変って緑が減った山は保水力が低下し,降雨時の土砂災害を引き起こす要因ともなりかねません。

ふたつめに,山の上に風力発電所を設置する場合,その資材を山の上まで運び入れなければなりません。そのためには工事用の道路を山の中に建設する必要があります。工事用の道路といっても,ちゃちなものではありません。風力発電のブレードの大きさは,大きいものになると一枚が30mを超えます。これを運ぶためには長大なトレーラーが通れる緩やかな勾配の広い道路(幅約6m)でなければなりません。山奥であればあるほど長い工事用道路が建設されることなり,“森林破壊だ”として批判を受ける林道工事と同レベルの樹木の伐採,地面の掘削が行われることになるのです。

このように,工事段階でかなりの環境破壊が起こることになります。
大掛かりな地形の改変によって数多くの生き物が生息場所を失います。地形が変わって生き物の種類や数が減れば生態系のバランスも崩れる怖れが出てきます。

●風力発電事業の問題点 ~発電所の存在と稼動の影響~
風力発電所の稼動は,空を飛ぶ鳥に影響を与えます。日本の山間部には,クマタカ,オオタカ,イヌワシなどの猛禽類と呼ばれる大型の鳥が生息していることが多いのです。特に大型の猛禽類は山間部の上昇気流を利用して移動し,狩りをするものが多く,風力発電が効率よく行える範囲と猛禽類の生息範囲がバッティングする確率が高くなります。そうなれば,先のオジロワシの事例のように,風力発電施設のブレードに衝突死する危険性が高くなります。そうなれば,もともとの個体数が少ない猛禽類は死亡したり逃避したりして,風力発電所が建設された地域からは姿を消すことにもなりかねません。

風力発電施設の影響により,その場所から猛禽類が姿を消してしまえばどうなるでしょう?
猛禽類は,生態系の中で頂点に立つ生き物です。この頂点に立つ生き物がいなくなれば,それまで猛禽類が餌としていた鳥やネズミなどが増え,生態系のバランスを崩し,地域の生態系を変えてしまう怖れが出てきます。

●風力発電をどう考えるか?
風力発電の問題点ばかりを列挙しましたが,エネルギー需要や地球規模の環境保全を考えると,風力はこれからも開発が推進されるべきエネルギーであることは間違いありません。
だからといって,やたらめったら無秩序に建設される現在の流れはよくありません。貴重な自然が残る地域には建設しないことが重要ですし,そのような場所がどこにあるのかを調査する知恵と知識と努力する姿勢を事業者が持つことが重要なのです。

風力発電がいかにクリーンなエネルギーとはいえ,人間が自己の人間活動のために設置する非自然物であることに変わりはありません。地域の環境と上手く折り合い,地域の生き物達との共存を最優先に考えてはじめて,風力発電は“地球に優しい”エネルギーとなり得るのです。

●おまけ
これは「いきもの雑学絵日記」なのに,今回は“絵”が出てきませんでした。
なので,おまけとして2006年1月に新たに追加された「風力発電所」を示す地図記号を紹介します♪
風力発電所の地図記号

絶対においしいモクズガニ

この時期になると,毎年とても食べたくなるカニがあります。
その名は“モクズガニ”
日本全国の河川に棲む,甲幅(甲羅の幅)が10cm近くにもなる大型の淡水産のカニです。
モクズガニは秋になると一斉に川を下り,河口付近で産卵をします。それを狙ったモクズガニ漁が今の時期に最盛期を迎えます。
美味しい食材として,川の環境を語る生き物としていい材料なので,今回はこのモクズガニについてお話します。

●モクズガニ

モクズガニ


甲幅7-8cmほどになる大型のカニ。
はさみに長い毛(軟毛)がはえていて,甲羅の前から横にかけてノコギリの歯のようなとげが3対ある。体色は全身が緑黒色~黒褐色をしています。

日本全国の河川に広く生息し,水田や用水路,海岸などでも見られる。夜行性で,昼間は川の石の下などでじっとしていることが多い。食性は雑食で,貝類,ミミズ,魚,水生昆虫,植物などを好んで食べます。

モクズガニは,春~夏は川に生息し,秋~冬にオスメスとも産卵のために海へ下っていき,そこで交尾・産卵します。
卵から孵化した幼生はゾエアといい,浮遊生活を行い,5回の脱皮を経てメガロパという幼生になった後川を遡ります。メガロパは脱皮を繰り返して成長しながら,川を遡上していきます。
カニの形になってから、2~3年で成体となり川を下っていき,交尾・産卵を行います。
このような生活を送ることを、通し回遊(淡水域と海水域の間の回遊)といいます。モクズガニは,塩分濃度のある場所でないと交尾・産卵・卵の発生・幼生の成長ができません。

○食材としてのモクズガニ
私が思うに,モクズガニはカニの中で最も美味しい種類のひとつに入ると思います。
モクズガニは,高級食材として有名な“上海ガニ”と近い種類(上海ガニは和名を“シナモクズガニ”といいます)ですので,美味しいはずです。
食べ方は,茹でたものをそのまま食べるほか,カニ全体をすり鉢で細かくすりつぶして水で濾し,味噌汁に入れて食べる“ガン汁”があります。
このガン汁は,全国で郷土料理として出されているところが多く,一度食べると人生観が変わるくらいの美味さです(・・・だと私自身は思います)。

ただし,モクズガニには,ベルツ肺吸虫という寄生虫が寄生していることがよくあります。この寄生虫が人間の体内に入ると,肺気腫を引き起こす恐れがあるので,生では食べないようにしましょう。よく加熱すれば心配はいりません。

モクズガニは漁獲量がそれほど多くはないので,普通のスーパーや鮮魚店ではほとんど売られている姿をみることはありません。
しかし,今頃の時期,ちょいと田舎にドライブにでも出かけると,道端で川の漁師さんが“ツガニ”とか“カワガニ”,“ズガニ”などの名前で売っているのをよく見かけます。
価格は地域によって様々ですが,九州地方(熊本や大分など)では1匹200~500円位が相場でしょう。ネット通販などで購入するとさらに高いと思います。


○モクズガニと河川環境
モクズガニは雑食です。とくに,河川の生態系の中では,魚などの小動物の死体を食べたり,アオミドロなどの藻を食べることによって河川の富栄養化を防いだりする,分解者の役目を担っていると考えられています。そのため,モクズガニは水の汚濁にもわりと強い生物とされていて,生活排水や下水排水に晒される都市部の河川にも普通に生息しています。

しかし,そんなモクズガニも近年は全国的に少なくなっているのです。その原因はいったい何なのでしょうか?

モクズガニの生息数を減らしているのは,河川改修や河川構造物(ダムや堰)の存在によるものと考えられています。
モクズガニは川と海を回遊する生き物です。そのため,川に巨大なダムや堰が建設されると,それを乗り越えて上流へ移動したり,あるいは産卵にために海へ下ったりということが非常に難しくなります。
また,河川改修により護岸や川底がコンクリートで固められると,夜行性のモクズガニは昼間に隠れる場所を失い,特に小さな子供のモクズガニは敵に見つかりやすくなって食べられる数が増えてしまうのです。

このようなことが原因で,日本全国の河川でモクズガニの個体数が減少し,生息範囲も縮小しているのだと考えられます。

○モクズガニがいなくなるとどうなるのか?
それでは,川からモクズガニがいなくなるとどうなるのでしょうか?
モクズガニは,河川の生態系の中では分解者の役目を担っていると書きました。分解者がいなくなるということは,川の汚濁(富栄養化)が進むことを意味しています。
もちろん,河川の生態系の中で分解者の役目を担っているのはモクズガニだけではありません。モクズガニがいなくなったからといっても,川の富栄養化が急速に進行する訳ではありません。
しかし,生態系と言うシステムは,長い年月をかけて複雑にバランスよく出来上がっているものです。ひとつにほころびが生じれば,そこから連鎖反応的に生態系が崩壊する危険性もあります。
モクズガニがいなくなることで,思いもかけない環境破壊を引き起こしたり,思いもかけない生物が姿を消したりすることが起こりえるのです。

河川改修もダム建設も,本当に必要なのであれば仕方がありません。しかし,生態系の構造やバランスを崩さないようにする最大限の工夫と努力が必要なのです。

美味しいモクズガニを将来も食べ続けることができるように。

いつの間にか秋・・・モズのお話

右腕の浮腫のため,しばらくお絵かきができませんでした。
気が付けば2ヶ月以上もブログの更新をサボってしまって,気が付けば夏から秋へと季節は移り変わってしまいました・・・(^^;

と,いうことで,今回はいきなりですが秋の訪れを告げる鳥,モズのお話です。

●モズ(イラストは雄)

モズ♂


日本の農耕地や林縁に普通に見かけるモズは,北海道から九州まで広く分布し,一年中その姿を見ることができる鳥(留鳥)です。
一年のうちでもその姿を見かける機会が多くなるのは,秋です。
この季節になると,モズはギィー,ギチギチギチギチギチギチ・・・という鋭い鳴き声で鳴きます。これを“モズの高鳴き”といい,秋の風物詩とされています。この声のする方向を探すと,開けた場所の木の枝や電線に止まったモズの姿を見つけることができるかもしれません。

モズは緑の多い住宅地や公園などでも見られますが,本来は樹林と農耕地のような開けた環境がセットになった環境を好みます。これは,繁殖は樹林地や藪で繁殖し,農耕地で餌を採るという彼らの生態によるものです。

この鳥の面白い習性は,

?こんなかわいい姿をしていて,獰猛な殺し屋であること
?“はやにえ”を行うこと

です。

?モズは獰猛な殺し屋
モズは肉食です。
餌となるのは,バッタ類や甲虫類,トンボ類などの昆虫類,トカゲやヘビ,カエルなどの両生・は虫類,フナやタナゴ,ドジョウなどの魚類,アメリカザリガニなどの甲殻類,そしてスズメ,カワラヒワ,ツグミなどの小型・中型の鳥など実にバラエティーに富んでおり,時にはサシバなどの自分より大きな鳥類までも襲って餌としています。
よく,木の枝に止まって,長い尾を上下左右に振りながらじっとどこかを見つめているモズを見ることができますが,これは獲物を一撃で捕らえるために準備を整えているところなのです。

?“はやにえ”っていったい何?
モズは,捕らえた餌を木の枝や有刺鉄線などに突き刺したり挟んだりする習性があります。
これを,“モズのはやにえ(早贄)”といい,モズの不思議な生態のひとつです。
秋から冬にかけて,モズの姿や鳴き声が聞こえる範囲の農耕地や公園や緑地を歩いてみてください。
木の枝に突き刺さって死んでいる昆虫やトカゲやカエルなどを見られるかもしれません。

はやにえギャラリーはこちら♪

では,モズは何故”はやにえ”を作るのでしょう?
実は,これは未だに良く分かっていません。
主な説は,
本能説(殺戮本能により目の前の餌を手当たり次第に捕まえてしまうため)
固定説(獲物を細かく引きちぎるために刺して固定している)
なわばり説(冬のなわばりの目印としてはやにえを作る)
貯食説(餌が不足する冬に備えて餌を蓄えるため)
がありますが,どれもまだ確定的な証拠となるデータがとれていないようです。

●全国的に減少しているモズたち
先にお話したモズのはやにえは,万葉集に「草具茎(くさぐき)」として登場する古くから日本人に知られた習性ですし,秋の高鳴きは秋の風物詩ともなっていますし,モズは昔から日本人にとってはとても馴染み深い鳥です。

しかし近年,モズは全国的に減少傾向にあります。
環境省が1970年代と1990年代に行った調査でも,各自治体や自然保護・環境保護団体が行っている調査でも,その減少は明らかとなっています。
その原因ははっきりとは分かっていませんが,いくつかの調査結果から類推されるのは,モズの生息環境である樹林と草地や農耕地などの開けた環境のセットの環境(いわゆる里山環境)が減少していることによるものではないだろうか,というものです。
とくに,農耕地や草地といった開けた空き地的環境の減少がモズの減少に拍車をかけているとも言われています。

モズの餌のバラエティーを見ても分かるように,モズの餌となる昆虫や小動物は樹林の林縁や草原や畑でよく見かける生き物です。
都市化や市街化によって草地や農耕地が次々となくなっている現代,それを食べるモズもおのずからいなくなるというのは,考えてみれば当然のことなのです。

ただ,鳥類は非常に環境適応能力のすぐれた生き物です。

“樹林地と草地のセットの環境”を都市域や市街地の中に上手いこと創出していけば,都市の環境に上手く適応したコゲラやヒヨドリなどのように,都市環境にも適応するようになるかもしれません。

涼しげな鳴き声~ヒグラシ~

ちょっと間が空きましたが,今日は前々回のセミの続きです。
今日は,日本人にはなじみの深い,ヒグラシについて。

●ヒグラシ
ヒグラシ


北海道から九州,奄美諸島,石垣島,西表島に分布するセミで,東日本では平地で普通に見られますが,西日本では丘陵地や里山などの少し標高が高いところに多く見られます。
日暮れ時に良く響く声で鳴くので「ヒグラシ」と名が付きました。
ちなみに,石垣島,西表島のヒグラシは,「イシガキヒグラシ」という亜種で,別種とする学者もいます。
いろんな樹木で鳴いているのが見られますが,スギやヒノキが好きなようで,スギ・ヒノキの植林地でよく聞くことができます。
鳴き声は,カナカナカナカナ・・・・という声が4,5秒続きますが,一匹が鳴き始めると周囲のヒグラシもそれに同調して鳴き始める習性があるので,森全体がカナカナカナカナ・・・・と大合唱しているかのように聞こえます。
夕方に鳴くことで知られていますが,朝も,夜明けとともに30分ほど鳴きます。

このセミも,都市化の進んだ市街地や住宅地では見かけることはできません。
都市部でも,東京の明治神宮のように大きな緑地があるところではその鳴き声を聞くことはできますが,近年では明治神宮でも数は少なくなっているそうです。
その理由は良く分からないようですが,一説には,ニイニイゼミと同じく,都市部の緑地の数が減少してしまったために分布を広げることができず,年々減少しているのだとも言われています。

福岡では,夏の夕刻の山間部でカナカナカナカナ・・・・という清涼感溢れる鳴き声の大合唱が聞こえます。
この鳴き声を聞くと,小学校時代の夏休み行った林間学校やキャンプや,虫取り網を持って暗くなるまで駆け回った田舎の山々を思い出し,何となくもの寂しい郷愁に浸ってしまいます。

ヒグラシは漢字で「秋蜩」とも書く,俳句では秋の季語として知られたセミです。かの万葉集などにも登場しますが,実際は秋に声を聞くことはできません。
昔の人は,あのどことなく物悲しい,涼しげな鳴き声から,やがて訪れる秋の寂寥感や涼しさを感じ取っていたのではないでしょうか?

ちなみに,このヒグラシも比較的低いところに止まって鳴く習性があるので,ニイニイゼミと同じく捕まえやすい部類に入るでしょう。
しかし,ヒグラシを捕まえたときに発する鳴き声は,ケケケケ・・・とかゲッ,ゲッとかいう味気ない声なので,とても幻滅してしまいますがね。

ウナギはなぜ高い?

本日は「土用の丑の日」。

日本人には馴染み深い「ウナギ」ですが,その正体については意外と知られていないようです。

●ウナギ(ニホンウナギ)

umagi.jpg


日本に生息するウナギは,ウナギとオオウナギの2種類です。
私たちが食べるのはウナギ(ニホンウナギ)で,日本全国に分布します。
オオウナギは利根川以南に生息し鹿児島県の池田湖のヤツが有名ですが,大きいだけで美味しくはありません。

ウナギは,湖沼,河川の上流から河口まで広く生息していますが,産卵は海で行います。
海といっても,その産卵場は日本から南へ2000?ほど離れたマリアナ諸島の西,スルガ海山と呼ばれる場所であろうと推測されています(実は天然のウナギの卵はまだ見つかったことはありません)。
日本のウナギは,産卵のためにこの遠い海域まで旅をし,そこで生まれたウナギの子供は黒潮に乗って再び日本近海まで移動し,全国の河口に辿り着きます。
河口に現れるウナギの子供を「シラスウナギ」といいます。シラスウナギは12月から3月頃にみられ,「小さな白いウナギ」といった格好をしています。
シラスウナギは,河川を上流へ上流へと上っていきます。ウナギの遡上能力(川をさかのぼる能力)は高く,滝や堰,ダムの垂直なコンクリートの壁をもよじ登ることができ,川と通じていない湖沼にまで到達するヤツがいるそうです。
ウナギは湖沼河川で5~10年生活し,雄では体重約600g、雌では体重約1kgになると,秋から冬に海に下って産卵場に向かうといわれています。ちなみに,産卵後のウナギたちは,死んで深海の藻屑となってしまいます。

●ウナギは何故高いのか?
国産のウナギは高価です。しかし,養殖モノも決して安くはないですよね。
養殖ウナギまでもが高価なのは,卵から親ウナギまで完全に養殖する技術が確立されていないからです。
養殖ウナギは,河口にやってくるシラスウナギを捕まえて,それを種苗にして養殖池で養殖します。だから,養殖モノとはいえ,もとは天然のウナギなのです。そのため,生産量が安定せず,値段も高めになるというわけです。
ちなみに,シラスウナギは誰でも採れるものではありません。「特別採歩許可」という都道府県知事の許可が必要で,大きさや採る量に制限があります。
シラスウナギの相場は1匹5~300円。
今年はシラスウナギが不漁だったこともあって,今の時期のウナギは少々値段が高いということです。
日本で養殖しているウナギの種苗(シラスウナギ)は,最近ではフランスやオランダなどのヨーロッパから輸入するところが増えてきたようです。
ちなみに,ヨーロッパのウナギは,「ヨーロッパウナギ」という日本のウナギとは別種のウナギ。

最近は,ウナギの卵からシラスウナギにまで育てる実験も成功したということなので,うな重やせいろ蒸しなんかは,将来庶民的な食べ物になるかも知れません。

●ウナギをさばく時は気をつけよう
ウナギを自宅でさばいて調理するなんてことはめったにないと思いますが,調理するときには気をつけなければならないことがあります。
ウナギの血液には毒があるからです。
ウナギの血液には,「イクチオヘモトキシン」という毒素が含まれていて,口に入れると呼吸困難,吐き気などの中毒症状をおこします。また、傷口から入ると化膿したり,目に入れると炎症を起こしたりします。
しかしこの毒素はたんぱく質なので,60℃以上で5分も加熱すると無毒化されます。
なので,刺身で食べたりしない限りは何ら問題はありません。

ちなみに,アナゴ,ハモ,ウツボなどウナギ目に分類される魚の血液にはすべて毒があります。
お気をつけあれ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。